ブログを始めたい人必読!当ブログの中身をありのまま公開します

ブログを始めたい人必読!当ブログの中身をありのまま公開します

「これからブログを始めたい!」

ブログを始める目的は人それぞれなれど、実際に記事を書き始めるまでに通る道は皆同じです。

それは記事を書くための環境を構築することです。

ウェブに詳しい人なら自力でネット上の情報を適切に取捨選択して環境構築していくのでしょう。

じゃあウェブに詳しくなかったらどうすればいいのでしょうか?

とにかくブログ界で活躍しているブロガーさんがオススメしているやり方で進めよう、というのも有りかもしれません。

けれども、他人に依存しすぎると後悔することだってあります。

ぼくも今の書くことに専念できる環境になるまで結構な遠回りをしました

ブログのカスタマイズに熱中するあまり書く時間を費やしてしまったり、プラグインの入れ過ぎが原因でブログが真っ白になり復旧作業で消耗したり、ランニングコストをケチった挙句、ビクビクしながらサーバー移転作業をおこなう羽目になったり…etc

散々でした。

これからブログを始められる人は、ぼくにとってライバルであると同時に『記事を書き続ける』という孤高の戦いに挑む同士です。

ですから、ぼくと同じような遠回りはしてほしくない。

ネット上のオススメ情報を調べて悩むより、誰かの執筆環境を参考にした方が手っ取く正確です。

そういう思いから、書くための環境を構築してもらうために本ブログの執筆環境を公開します。

オススメではなく実録。

執筆環境の一覧>各項目の解説>『嫁にモテたい』のオリジナル要素 の順に記載していきます。

参考になったら嬉しいです。

SPONSORED LINK

執筆環境を公開します@嫁にモテたい

2017/7/14時点における『嫁にモテたい』の執筆環境です。変更があれば随時更新していきます。

まずはざっと執筆環境を列挙。これで『嫁にモテたい』と同じ執筆環境が作れます。

SPONSORED LINK

環境構築の判断基準や背景を解説します

ざっと現在の執筆環境を列挙しました。

ここからは「なんでそうしたの?」という疑問について、ぼくの判断基準や背景を解説していきます。

ぼくの判断基準が適切か不適切なのかはわかりません。

「レミはこうしてる」「いまみてるブログがそうなのだ」という理解で読み進めてください。

ブログサービス

CMSはWordPressにしました。

選んだ理由は二つ、まず一つ目は誰からも制約を受けたくなかったから。

ライブドアブログやはてなブログなどの無料ブログサービスには、サービスを提供する会社の規約が存在します。

規約違反を犯すと様々なペナルティが課せられ、最悪の場合はアカウントの削除。しかも規約違反のジャッジは運営側のさじ加減次第です。

規約にビクビクしながらブログを書きたくありません。

二つ目はWordPressはブログの機能を拡張するプラグインや情報が豊富だったからです。CMSの中でも特にシェアを持っているが故のアドバンテージですね。

theme

STINGER PLUSからSTORK(ストーク)に切り替えました

WordPressのテーマは、STORK(ストーク)にしました。

ちなみに最初に使ったテーマは、当時SEOが強いと評判だったSTINGER5です。

初めてのテーマだったのでSEOの強さは実感なかったのですが、ネット上の情報量も十分かつ運用上特に問題もなかったのでSTINGER6>STINGER7>STINGER PLUSまで使い続けました。

1年以上経ってようやく気付いたことがあります。

テーマのカスタマイズに時間を割き過ぎてることに…

楽しいんですよねぇカスタマイズって。一度cssやphpファイルに手を出すとやめられない止められない(笑)

これはマズイなと思ったので、カスタマイズしなくても済みそうなテーマを探しました。

その結果がSTORK(ストーク)です。

Google先生もモバイルファーストの時代だって言ってますし、実際に当ブログでも7、8割はモバイルからの流入です。

だったらスマホビューに特化しつつ、ぼく自身が「カッコイイ!」と思うデザインのSTORK(ストーク)にしました。

百聞は一見に如かず、どれほど素晴らしいかは当ブログ内を回遊して体験してみてくださいね。

STORK(ストーク)は有料テーマですが、カスタマイズで浪費していた時間コストを考えれば既に元が取れていると思います。

STORK(ストーク)に切り替えてからcssやphpファイルをいじるようなカスタマイズは一切やっていません。

 

レンタルサーバー

CMSにWordPressを選択した場合、レンタルサーバーを借りる必要があります。

レンタルサーバーはXSERVERの『wpXレンタルサーバー』にしました。

ちなみに最初に契約したのはロリポップ!のロリポプラン(現ライトプラン)でした。

当初はブログをやっていけるか不明だったので、価格の安さで決めたんですね。

ブログ開始から半年くらいたって「このブログでやっていける!」と確信したので、契約更新のタイミングで切り替えました。

将来的なアクセス増を想定して安定したレンタルサーバーのほうが良いという判断です。ぼくは気が小さい方なので、サーバー負荷増大によるアクセス制限でパニックに陥るのは絶対嫌です。

wpXレンタルサーバーは無料で常時SSL化できる設定もあるのが嬉しい。しかも簡単。Google先生もHTTPSをSEOで優遇すると言ってます。

嫁にモテたい』もHTTPSに移行済みです♪

いまだから思うのは、サーバー移転作業で(誤ってブログ消したらどうしよ…)と怖い思いをするくらいなら、最初からwpXレンタルサーバーにしておけば良かったということでしょうかね。

プラグイン

ブログサービスに機能を追加するプラグイン。

WordPressのプラグインは実に種類が豊富です。豊富すぎてどれを入れたらいいのか本当に迷います。

ここではオススメのプラグインではなく、ぼくが実際に使っているプラグインを簡単に説明しながらご紹介します。

設定方法等は長くなるので省略します。自分で調べてみてくださいね。

404 Notifier

404エラーの検知をしてくれるプラグイン。

404エラーはページが存在しない時に返すエラーのことです。ぼくの場合、内部リンクやリダイレクションの設定ミスで何度かやらかしてます。せっかく訪問してくれたのにページが存在しないのは訪問者にとって結構なストレスです。

そうなる前に対処したいところですね。

AddQuicktag

ショートコードを登録できるプラグイン。

レミ
STORK(ストーク)はショートコード推奨です!
レミ
こんな吹き出しが簡単に作れるよ!

Advanced Ads

広告を好きな位置に貼れるプラグイン。

STORK(ストーク)には記事中に広告を挿入するウィジェットがないので、このプラグインで代用しています。

「2個目と4個目のH2タグ直前に広告を表示する」といった細かい設定ができます。

Autoptimize

HTML,CSS,JavaScriptを最適化(ページ表示速度改善)するプラグイン。

サイトスピードはSEO評価に影響します。何より表示が早いサイトは訪問者のストレスを軽減させることに貢献します。

BackWPup

自動バックアップをとってくれるプラグイン

バックアップ超大事。もしもの時に備えて入れておきたい。

Broken Link Checker

リンク切れを検知してくれるプラグイン。

ブログの訪問者がリンクエラーでガッカリするのを未然に防ぎましょう。

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーの並び替えができるプラグイン。

自分の表示させたい順に並び替えられます。見てもらいたいカテゴリーは上に持っていきたいですよね。

Google XML Sitemaps

サイトマップを自動生成してくれるプラグイン。

ページ情報(最終更新日や更新頻度など)を送信することで、 検索エンジン内のシステムであるクローラ(ロボット)が効率よく情報収集させることができます。

Imsanity

アップロード時に画像をリサイズしてくれるプラグイン。

大きいサイズのままだと画像ファイルの読み込み速度が遅いですし、サーバーの残り容量を圧迫することになります。

Kraken Image Optimizer

画像を自動圧縮してくれるプラグイン。

ぼくは無駄に解像度が高い画像を使うことが多いので重宝しています。画像を圧縮する理由はImsanityと同じ。

ちなみに同じような機能のプラグイン「EWWW Image Optimizer」はwpXレンタルサーバーとは相性が悪いようなので使わないが吉です。

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

アイキャッチ画像付きでSNSに自動投稿してくれるプラグイン。

snap

Twitterの場合

SNSでコミュニケーションするなら目立つので有効です。特にぼくのようにアイキャッチ画像を自分で描いてる人は使わないと損。

無料版はマルチサイト非対応です。当ブログのマルチサイト化に伴い使えなくなりました。がっくし。

No Self Pings

セルフピンバックを無効化してくれるプラグイン。

ピンバックとはリンクを張ったことを相手に知らせる機能です。セルフピンバックとは内部リンク(ブログ内で別ページにリンク)を貼った時に自分へ知らせることを指します。

セルフピンバックの通知がうっとうしい人はこのプラグインを入れましょう。

Preserve Editor Scroll Position

エディタのスクロール一を固定してくれるプラグイン。

通常、執筆途中に下書き保存や更新をするとエディタのスクロールが最上部まで戻ってしまいます。

一旦、下書き保存して続きを書きたい場合に最上部に戻るのでイラっとするのを、このプラグインで解消できます。

PS Auto Sitemap

目次形式でサイトマップを表示させるプラグイン。

ブログ内の投稿や固定ページを一覧表示させて目次の役割を果たすページを生成してくれます。

嫁にモテたい – サイトマップ

PubSubHubbub

インデックスの登録をしてくれるプラグイン。

Googleの検索エンジンに素早く(投稿から数分)インデックスしてくれます。

メリットとしてはパクリサイトの牽制でしょうかね。パクリサイトが先にインデックスされると、オリジナルのはずのこちらがパクリ判定される可能性があります。

Redirection

301リダイレクトが設定できるプラグイン。

カテゴリーやパーマリンク(Webページ毎に設定される個別のURL)を変更するときに重宝します。

Rich Text Tags

カテゴリーページで画像やリッチテキストが使えるプラグイン。

嫁にモテたい – 夫婦

Search Regex

特定ワードの一括置換できるプラグイン。

例えば、ブログ内の「こんにちわ」という挨拶を全て「こんにちは」に変えたいときとか便利。

但し、「こんにちわわ!」という表現があると「こんにちはわ!」になるので注意が必要です。

SNS Count Cache

SNSのシェア数を表示できるプラグイン。

STORK(ストーク)はSNSボタンが標準で用意されていますが、シェア数を表示させるためにはプラグイン『SNS Count Cache』が必要になります。

シェア数の表示は単なる自己満足のためではありません。シェア数が多い記事はさらなるシェアを誘発します。

レミ
(この記事面白いな…あ、シェア数多いな。ぼくもシェアしよ)ポチッ

Table of Contents Plus

目次を自動生成してくれるプラグイン。

1記事2000文字以上になってきたので目次を付けました。見出しの数やページの種類で振り分けできるので便利です。

TinyMCE Advanced

ビジュアルディタの拡張プラグイン。

よく使うボタンをプルダウンから選択するのが面倒くさい場合に重宝します。

ツールバーに表示させたボタンは並び替えられるので自分好みにカスタマイズできます。

WordPress Popular Posts

人気記事を表示させるプラグイン。

平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数などを基に、人気記事一覧をサイドバーにウィジェット表示させることができます。

集計期間や表示数など細かい設定も可能。

WP Multibyte Patch

マルチバイト文字に最適化するプラグイン。

デフォルトでインストールされているので有効化しておいてください。

Yoast SEO

SEO対策プラグイン。

SEO対策プラグインはいくつか存在しますが、その中で設定方法が解り易いYoast SEOを採用しました。

SPONSORED LINK

アフィリエイトに登録してお小遣いを稼ごう

ブログはマネタイズが可能です。

良質なコンテンツと共に有益な商品・サービスを紹介して対価をいただくことは、書き手と読み手双方にメリットがあります。

チャリンチャリンと懐が温まっていく様子は、ブログを継続するモチベーションになりますよ♪

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の登録は基本無料です。

成果報酬型広告は有名どころのA8.netバリューコマースアクセストレードと提携してます。

登録が終わったら動作確認を兼ねて広告スペースにバナーを張り付けてみてください。審査期間が長い商材もあるので興味がある商品・サービスがあったら早めに提携申請しておきましょう。

商品を紹介したいときに未提携や設定だから紹介できないのは機会損失ですよ。

Amazonや楽天で取り扱ってる量販品を紹介したい場合は、カエレバヨメレバポチレバが便利です。

↓こんな感じで商材を紹介できます。

クリック報酬型広告はGoogle Adsenseと提携しています。

nend(ネンド)も提携してますが、当ブログの読者にミートしなかったのか全然クリックされないので最近は使っていません。

報酬金額こそ成果報酬型広告と比べると見劣りしますが、配信広告のバリーエーションも非常に豊富かつ、訪問者の属性に合わせた広告が自動配信されるので成約率が高いです。

『嫁にモテたい』のオリジナル要素

STORK(ストーク)は『トップ画像(ヘッダー背景画像)』と『配色』の2つの要素があればそれなりにみえます。

トップ画像

STORK(ストーク)ではトップ画像(ヘッダー背景画像)PC用とスマホ用の2つが設定できます。

適切なサイズが調べても見つからなかったのでサイズを微調整しながら作りました。

サイズの参考にどうぞ↓

嫁にモテたい

PC用 :1900 × 500

嫁にモテたい

スマホ用:632 × 633

配色

嫁にモテたい』の配色は3色(メインカラー・サブカラー・アクセントカラー)をピンク系でまとめています。

配色はこちらのサイトを参考にしました。

ファビコン/アップルタッチアイコン

STORK(ストーク)の設定画面

STORK(ストーク)の設定画面

ファビコン(favicon)とは、Webブラウザのアドレスバーやタブに表示されるアイコンのことです。

アップルタッチアイコンとは、iPhoneやiPad用でWebサイトをホーム画面に追加した時に使用されるアイコンのことです。

これからブログを始める方へ

以上が当ブログの執筆環境になります。

現在の域に到達するまでかなりの遠回りをしたと思います…消耗したなあ。

このブログデザインを気に入っていただけたら、ぜひ参考にしてみてください。

あとは記事を書くだけです!

SPONSORED LINK
ブログを始めたい人必読!当ブログの中身をありのまま公開します

ABOUTこの記事をかいた人

新潟県在住のサラリーマンブロガー。結婚6年目37歳。嫁と息子2人(4歳と0歳)の4人家族。ブログでは嫁モテに役立つ情報を発信。Twitterで結婚生活、育児、仕事など共感する記事やツイートをRTしてます。