夫婦

「愛してる」と言われた時の正しいリアクション

夫婦

2020/9/3

「愛してる」と言われた時の正しいリアクション

「愛してる」 最近嫁に言われてないなあ… 「愛してる」を言葉にするのはハードルが高い? ぼくは「愛してる」という言葉を使うことに抵抗を感じないのでJ-POPアーティスト並みにサラッと言えます。 しかし、ウチの嫁はシリアスな雰囲気が苦手なようで辺りの空気がシン…と張り詰めるとクスクス笑ってしまいます。そういえばプロポーズのときもゲラゲラ笑ってたな そんな嫁がですね「愛してる」だなんてなかなか言わないわけですよ。本当に数えるくらいしか聞いたことない。 誤解のないようにいっときますけど愛していないから言わないっ ...

価値観の違いは捉え方次第で埋められる

夫婦

2020/9/3

価値観の違いは捉え方次第で埋められる

「なんでこの人はこんな考え方しかできないんだろう・・・」 夫婦生活を送る中でときどき嫁さんとの価値観の違いに居心地の悪さを感じることがあります。一度気になってしまったらその後同じようなことが起きたときに強いストレスを感じてしまいケンカに発展してしまうことも。 こんなことを繰り返していたら嫁さんに嫌われてしまいます。嫁さんとの価値観の違いに頭を悩ませている旦那さんは多いし、そもそもイライラの原因が価値観の違いにあることを気付かない人もいます。 自分と価値観がまったく同じ人はいない 同僚に嫁さんとの価値観の違 ...

「愛してる」を言葉にする意味はちゃんとある

夫婦

2020/9/3

「愛してる」を言葉にする意味はちゃんとある

不意に「愛してる」と伝えたらそれを聞いた嫁が突然泣き出した。顔を真っ赤にして照れだした。素っ気無い素振りだったけど後日手紙で返事をくれた。 もう数年前(もっと前?)の話になりますが、某巨大掲示板で“愛してると言ってみるスレ”という普段は愛情表現に消極的な旦那たちが「愛してる」と嫁に伝える体験を書き込むスレが立ち、その事後報告に皆がワクテカしていた時代がありました。 当時ROM(読むだけで書き込まない)ってたぼくも勇者たちに感化されて結婚したらやってみたいなーと憧れていたものです。なつかしい。 久しぶりに“ ...

好意は素直に受け取ることが大切です

夫婦

2020/9/3

好意は素直に受け取ることが大切です

先日、36歳の誕生日を迎えました。 嫁の好意はストレートに受け取る 誕生日の約一ヶ月前に嫁から誕生日プレゼントの打診がありました。ちなみにレミ家はぼくのプレゼントスタイルが好評だったらしく、嫁もお金パートのプレゼントはぼくに聞くことになっています。 さて、ここで本題です。 嫁から「プレゼント何がいい?」と聞かれたら変に平静を装ったり、照れ隠しせずに素直に喜びを表現しましょう。 素直じゃなかった人がいまさら素直に喜べっていわれても、なかなか抵抗があるかもしれません。でもやる価値はありますよ。 プレゼントする ...

嫁姑問題における旦那の対応

夫婦

2020/9/3

嫁姑問題における旦那の対応

嫁姑問題が勃発してしまったらその渦中にいる嫁と姑だけではどうにもなりません。 旦那の助けが必要です。 旦那さんは解決の糸口を自分が握っていると考えて行動しましょう。 嫁姑問題とは 嫁姑問題とは日常的な不仲や衝突など、嫁と姑の間で起きてしまう誰も望んでいない問題です。 嫁と姑が同居していると問題がエスカレートする傾向にあります。 ちなみにぼくの実母は争いを好まないおっとりした性格で嫁姑問題とは無縁そうな人ですが、同居は全力で避けました。 実母とはいえぼくの知らない女の顔があると思いますからね。君子危うきに近 ...

愛情表現は夫婦円満になるための必須コミュニケーション

夫婦

2019/8/9

愛情表現は夫婦円満になるための必須コミュニケーション

愛情表現は夫婦円満になるための必須コミュニケーションです。 お互いに愛情はあるはず、でも夫婦仲で悩んでいる。矛盾してますよね。それは何故かと問われたならば、 ヨメ何となく旦那の愛情を感じられない なんです。 愛情表現を怠ってしまうと些細なケンカが増えたり、気持ちのすれ違いから浮気などの問題が起こりやすくなります。 離婚にまで発展するケースもめずらしくありません。すぐに破局する夫婦と長続きする夫婦の決定的な違いともいえます。 3組に1組のカップルが離婚している現代の日本においては『愛情表現』は結婚生活を継続 ...

良好な夫婦関係を維持する定期的な振り返り手法

夫婦

2020/9/3

良好な夫婦関係を維持する定期的な振り返り手法

本日は2月2日、夫婦の日です。 夫婦の日に何をしよう 単なる語呂合せ(2=ふう、2=ふ)なんですけどね。折角の機会なので夫婦生活の振り返りをしようかなと思っています。 理想の夫婦ってこんなものかな?ってイメージは誰にでも持っていると思います。でも嫁とはいえ他人が関わる以上うまくいくことなんてありえません。「ウチは問題ない」と発言する人ほど思い違いをしているものです。   夫婦関係の定期的な軌道修正 そもそも「理想の夫婦」のイメージが適切じゃない場合だって考えられます。都合の良い部分だけ取り上げて ...

嫁姑問題の総本山!姑との同居は全力で回避せよ!

夫婦

2020/9/3

嫁姑問題の総本山!姑との同居は全力で回避せよ

結婚は親との付き合い方についてこの先数十年を見据えて考えることになります。 もし選択する余地があるなら姑との同居は全力で回避しましょう。今日はそんなお話。 親の経済的支援は甘い罠 親と同居するのは親が老後の面倒を必要としているのが主な理由です。そうでなければわざわざ赤の他人(子の配偶者)と同居なんてしません。 子からしてみても今まで育ててもらった恩義もあり、子として当然のことだと考えるのも普通です。それに同居していると何かと親からの経済的支援がありますからね。生活費や外食費、大きな出費(車や家族旅行など) ...

「だまって俺について来い」を誤用していませんか?

夫婦

2019/8/9

「だまって俺について来い」を誤用していませんか?

昔「だまって俺について来い」ってなんだか男らしいセリフが流行りました。 ハナ肇とクレージーキャッツに在籍していた植木等が歌った昭和の歌謡曲のタイトルですね。この曲は映画やアニメの挿入歌で使われたので幅広い年齢に認知されているようです。 お金や彼女、仕事がない自分。それと同じ境遇の人を慰める懐の深さを歌った歌詞です。いい歌ですよね~ ついていくぜ兄貴! 夫婦間で使われる「だまって俺について来い」 いつの間にか歌詞のイメージとかけ離れたセリフの使い方を聞くようになりました。旦那が嫁に言うそうです。「だまって俺 ...

怒られるのが怖い人のストレスケア方法

夫婦

2020/9/3

怒られるのが怖い人のストレスケア方法

ああ! またやってしまった! 嫁に怒られるとわかっていたはずなのに、気付いた時にはもう手遅れ。怒気をはらんだ嫁の視線がこちらに向けられている。 怒られる、でも変なプライドが邪魔してか素直に聞き入れられない。さらには論点がズレた言い訳や反論が口にしてしまい、後になって後悔する。 過度なプレッシャーを受けるとそこから逃げたくて往生際の悪い行動に出てしまうのが人間です。 そんな悪癖を改善する方法として、その状況におかれた自分を客観視することをオススメしたい。嫁に怒られると思うように自分をコントロールできないと感 ...

© 2020 嫁にモテたい